借金問題を解決する方法を伝授!

借金返済して明るい生活を得る方法

*

借金問題を解決する方法は借金のレベルにより異なる!

      2016/12/28

借金問題があると夜もゆっくり眠ることもできず
また、ドライブや映画など趣味の楽しいことをしていても
心から楽しいと感じられなかったりします。

せっかくの人生なのに、それでは悲し過ぎます!

借金をしてしまい返済できなくなったのは自分が悪いことですが

そこはしっかり反省して、借金問題を解決して新しい人生を手に入れて欲しいです。

借金問題を解決する方法はいろいろあります。

まず現在の借金レベルによって、借金解決の方法は異なってきます。

 

多重債務状態だが、何とか返済している方

いろいろな消費者金融から借り入れがあり、多重債務状態に落ちいっているが
何とか返済しているケースでは、そのまま頑張って返済して行くのが懸命です。

返済日の管理をしっかり行い、返済が遅れないように注意するのが重要です。

もし返済遅延が発生してしまうと、遅延金の利子は通常の利子より
高く設定している消費者金融は多いので、総支払額が増えてしまいます。

総支払額が増えてしまった影響で、返済が出来なくなってしまった方も居ます。

また返済の遅延歴が増え過ぎてしまうと、ブラックリストに載せられてしまいます。

ブラックリストに載せられてしまうと、新たにお金を借りることができなくなってしまい
住宅ローンなども組めなくなってしまいます。

 

借金一本化の検討(おまとめローン/のりかえローン)

多重債務で悩んでいる方は、借金一本化を検討する方法があります。

消費者金融や銀行系のカードローンで行われているおまとめローン
乗り換えローンを利用することで、総支払額を減らし借金解決に近づけることが可能になります。

おまとめローンのりかえローンは基本的にな違いは無く、
のりかえローンは金利の安いローンにのりかえて総支払額を減らすことが目的です。

おまとめローンは現在抱えている借金を一元管理して
金利の安い賃金会社一社にまとめてお願いする方法です。

最初からおまとめローンで金利も安く借金の一本化が行えれば良いですが
おまとめローンの審査は、どこの消費者金融でも厳しいのが現実です。

そのため、まずはのりかえローンで金利の安いローンを一つでも
減らして行くことが重要になります。

一社でも借入先を減らすことができれば、総借入件数は減りますので
おまとめローンの審査にも通りやすくなります。

最終的なおまとめローンが行えるようになると、
借金の返済は、月一回で済みようになるので管理が楽になります。

返済日が一回になれば、精神的ば苦労も減り生活は好転していきます。

おまとめローンとのりかえローンは賃金業者にしてみれば、
借金の肩代わりをする訳ですので、審査が慎重になるのは当然です。

それでもなお、おまとめローン(のりかえローン)の審査は厳しく大変ですが
それ以上の金銭的、精神的な効果がありますので検討する価値はいっぱいあります。

おまとめローンが行えれば当然、借金返済に大きく近づきます。

 

借金を自力で返済できなくなってしまった方

借金が返済できなくなった方は債務整理を検討する必要があります。

債務整理には大きく4種類(任意整理、特定調停、民事再生、自己破産)あり
これも借金のレベルにより最適な債務整理方法は異なってきます。

債務整理と聞くと自己破産を思い浮かぶ方が多いと思いますが、
自己破産は債務整理の中でも最終手段です。

確かに自己破産申請を行うと今までの借金は全て解消されるので、
借金問題が無くなりきれいな状態にはなりますが、
家や財産など全て借金と一緒に無くなってしまいます。

今までの自分を反省し一から出直す手段ではありますが、
過去の財産が全て無くなってしまうのは思い出も無くなり厳しいです。

当然、自己破産を行えばブラックリストに乗りますので
新規にお金を借りることもできなくなります。

そのため自己破産申請をしなくても良いレベルの方は
債務整理の中でも任意整理を行った方が良いです。

任意整理でしたら我が家と愛車だけは残すなど
借金のレベルに応じて任意に決めて行くことができます。

ただあれもこれも残したい気持ちはわかりますが、それでは借金は減りません。

適宜判断して行く必要があります。

任意整理では債権者との交渉も必要であり、法律の素人の方では厳しいのが現実です。

そんな時は法律のプロである弁護士に依頼する方法があります。

 

弁護士に依頼して、2人3脚で借金問題の根本的な解決を行っていくのは懸命な方法です。

信頼が置けて実績のある弁護士を見つけることが出来れば、
借金返済分も減らすことも出来ますし、任意整理にかかる時間も少なくできます。

任意整理を進めるのは自分に合った良い弁護士を見つけることが重要になります。

 

2010年以前に消費者金融で借入経験がある方

賃金業法は2010年に改正されました。

そのためそれまで利息制限法と出資法の間で曖昧であった金利は

一律20%に引き下げられました。いわゆるグレーゾーン金利の撤廃です。

賃金業法の改正では「年収の1/3までしか借入できない」と言った
総量規制の改正も行われましたが、合わせて上限金利の見直しも行われました。

賃金業法の改正ではそれ以前(2010年以前)に、20%以上の高い金利でお金を借りていた方も
お金を取り戻す権利=過払い金返還請求が行えるようになりました。

過払い金返還請求は払い過ぎていた金利分を取り戻す権利ですので、
請求者にはデメリットが無く、対象者はすぐに請求した方が良いです。

しかも過払い金返還請求には期限(返済が終了してから10年)がありますので
対象者は急いで請求をした方が良いです。

この時も債権者との交渉が必要であり、法律も知らない素人が相手とわかると
債権者から軽く扱われる時がありますので、専門家である弁護士に依頼した方が良いです。

過払い金返還請求に実績のある弁護士でしたら、返還金も多く戻してもらえますし

時間をかけずに効率的に処理してもらえます。

 

借金問題解決のまとめ

借金問題を解決する方法は以上のように、借金のレベルにより最適な方法が異なってきます。

必ず借金を返済する方法はありますので、諦めずに努力して行きましょう。

借金問題を解決して、明るい新しい人生を手に入れる方が増えることを祈ってます。

借金問題を解決するには借金相談ホットラインが頼りになります。
 

 - 借金問題解決 , ,