借金問題を解決する方法を伝授!

借金返済して明るい生活を得る方法

*

借金の踏み倒しってできるの?

      2016/05/11

友達同士の間で「借金の踏み倒した!」

って話を聞くことがありますが、実際のキャシング業界で

そのような事は可能なのでしょうか?

 

友達同士の「契約書」も無い状態なら可能かもしれませんが、

「契約書」もしっかりしている現実社会の環境では

間違いなく不可能です。

 

逆に「借金をして踏み倒せる方法」が存在してしまったら、

いくらでも借金ができてしまいますし、貸している金融会社は貸したお金を

回収できない訳ですから間違いなく倒産してしまいます。

 

そもそもこんな方法が存在したら社会システムが崩壊してしまいます。

「何とか逃げれるのでは!?」と考える方も居るかもしれませんが、

回収するのに予想以上の情報網で追いかけて来ますので

個人を見つけるなんて造作無いと考えて置いて間違いありません。

 

そのため「お金の都合が出来なくて返済期限に間に合わない!」

って事態に出くわしても、「逃げる!」という選択は無いです。

もし返済期限に間に合わなく、逃亡してしまったとしたら、

間違いなく裁判沙汰になり、事態はもっと悪い方向になります。

「逃げれば大丈夫!」なんて甘い考えは一切通用しません。

 

その前にお金を借りたのは自分自身なのですから、

返済に対してもしっかり責任を持つのは当たり前のことです。

借りたのは良いが、返すのが大変だから何とかならないかと考えてしまいますが、

考える順番が間違っています。

 

「お金を借りる」「お金を返済する」ことですので、

「お金を借りる」時から「お金を返済する」ことを想像(シミュレーション)してお金を借りる必要があります。

 

お金を返済するシミュレーションが出来なければ、その時はお金を借りることも出来ないと考えて下さい。

もし「返済を踏み倒そう!」などど頭をよぎったら、

無駄な時間を過ごすのでは無く、お金を借りた消費者金融や銀行に正直に

現状を報告して返済期限を融通してもらったり、金利の見直しをしてもらったりと

改善に向けた検討を行なってた方が最終的には近道になります。

 

自分一人ではどうしようも無くなった場合は、弁護士に相談する

と言う方法もありますので、改善する方向の検討をしましょう。

借金相談で債務整理が参考になりました。

 

 - 借金問題解決